しゃん鍋について

 
 
 

宮崎の名店「おらが村」初の東京上陸!

宮崎県内の、さらには東京をはじめとする他府県からの来店も絶えないという、超がつくほどの有名な、創業30年を迎えた人気店「おらが村」。

透き通った鶏ガラスープに放たれるミンチは、宮崎「おらが村」では半生で食べるのがもはや常識。そして、このしゃん鍋の美味しさの秘訣は、秘伝の “白ポン酢”。ジューシーな鶏肉と新鮮野菜を食べる時にくぐらせるこの白ポン酢が、素材の旨味を引き出しながらさっぱりとした後味にしてくれるので、箸が止まりません。
「いえ村」では、「おらが村」の二代目、さらに現地での修行を経た料理人二人が、現地のしゃん鍋を忠実に再現しています。
ぜひご賞味ください。


「しゃん鍋」の食べ方

鶏ガラをじっくり炊いて作ったスープが自慢のしゃん鍋は、まずそのスープだけを先にお召し上がりください。コクがありながらサラリとした、コラーゲンと旨味たっぷりの滋味深い味です。
テーブルにサーブされた鍋が沸々と沸きあがってきたら、小さめに丸めたミンチを投入し、火が入りすぎない頃合いで引き上げ、お好みで薬味を加えていただいた白ポン酢にさっとくぐらせてお召し上がりください。続いて鶏もも肉とお野菜を加えて頂き、こちらも火が通り過ぎないよう、気をつけながら召し上がってください。
鍋の〆として、別途雑炊のご注文も承っております。(追加のミンチ&鶏もも肉、お野菜もご用意しております。)
また、いえ村では、しゃん鍋の自慢のスープを作った一品料理もご用意していますので、スタッフにお気軽にお尋ねください。

しゃん鍋